新人タクシードライバー奮闘記  

新人タクシードライバー奮闘記 タクシードライバーになったきっかけ東京で57歳でタクシードライバー(タクシー乗務員)として勤め始め、早や3年やっとこのサイトを更新する余裕が出てきました。

タクシードライバーになったきっかけ2017年60歳で収入も税金、年金、介護保険等差し引き手取り30万円以上を安定して得ることができるようになりました。

タクシードライバーに必要な普通二種1、タクシー乗務員になるためには
普通免許免許取得後3年以上経過した人なら誰でも受験可能な普通二種が必要ですが、難しいことは何もありません。注意点は免許取得後、変なクセがついていると受かりにくいので初心に帰ることが重要
タクシードライバーに必要な普通二種2、タクシー乗務員になるためには
地図試験があります。これはチャント勉強しないと中々受かりません。タクシー乗務員になる前は難しいと思っていましたが、実際にタクシー乗務員になると試験レベルの地図知識では何の役にも立ちません。もっとモット必要です。
タクシードライバーはいつまで働けるタクシー乗務員をしようと思った理由は
力仕事がないので働こうと思えば、72歳くらいまで働ける。収入も税金等差し引いて手取り30万以上になる。但し、稼ぐ努力をしなければ、その限りではない。
タクシードライバーはいつまで働けるタクシー乗務員で一番大変なのは
地理がわからない最初の三カ月は大変です。ただ、東京のお客様のほとんどは新人で地理がわからないと伝えると、親切に教えてくれます。
お客様は新人タクシードライバーを見分けることができるお客様が新人かどうか
見分けることができできるように新人ドライバーには車に新人シールを張ってあります。
タクシードライバーが地理を覚える方法早く地理になれるには
ますは得意地区(私の場合は新宿ですが)を重点的に覚える。慣れない土地に行った場合、一旦車を安全な場所に止め、カーナビを利用し東京都の全体図を把握することをお勧めします。
新人タクシードライバーが最初に覚えるべき道1、まず覚えたいのは
1、首都高速及び周辺の高速道路です。頻繁に高速を利用します。また高速道路は失敗がゆるされません。例として新宿から上野に行く場合、地図上だと外回りで行けそうな気がしますが、実際は行けません。内回りで行くしかありません。
新人タクシードライバーが最初に覚えるべき道2、まず覚えたいのは
2、自分が乗る会社の車のカーナビの特徴です。表示が遅い、地図データが古い、トンネル等電波状況の悪いところで使い物にならない等さまざまありますが、こればかりは慣れる以外方法はありません。
タクシー乗務員に興味があって
不明な点はお気軽にメールください。メール内容はある程度編集しここに掲載される場合があります。

2017年9月5日 更新

 タクシードライバー情報 東京都の大団地

A00 幹線道路

A01 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の町

A02 関東(東京、千葉、埼玉、神奈川)の市、区、郡)

A03 埼玉県の市と郡     A04 埼玉県の町

A05 神奈川県の市と郡 A06 神奈川県の町

A07 千葉県の市と郡 A08 千葉県の町

A09 東京都の市と郡 A10 東京都の町

A11 東京23区タクシー営業区域の市、区

A12 東京都23区と三鷹、武蔵野市の町

A13 東京営業区域外の市、区、郡

A14 東京営業区域外の町

A15 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の駅名

A16 東京都の駅名

A17 千葉県の駅名

A18 神奈川県の駅名

A19 埼玉県の駅名

A20 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の路線名

A21 東京23区(三鷹、武蔵野含む)営業区域の交差点 1

A22 東京23区(三鷹、武蔵野含む)営業区域の交差点 2

A23 東京23区(三鷹、武蔵野含む)営業区域の交差点 読み順

A24 東京23区(三鷹、武蔵野含む)営業区域の道路名

A25 それでも道は続く

交差点情報